世間の学 2016 VOL.4


◆学会誌「世間の学」VOL.4は現在Amazonで発売中です。

世間の学

定価1000円(税抜)(会員価格800円)
B5サイズ/ペーパーバック/168ページ
発行日:2016年5月20日

[内容]
 阿部謹也と金子光晴 ―「寂しさの歌」が触発したもの(坂本正博)
 日本語から探る「私」のあり方 ―日本人には「私」があるのかないのか―(加藤 薫)
 「日本的なるもの」―発生のメカニズムとその応用(新家 博)
 ‘ゆとり教育’を総括する ―世間にとっての学校教育とは―(田中真樹)
 世間性を測定する試み ―世間性測定のための質問紙開発―(内野博之)
 日本的心情倫理で読み解く空気(安藤 潔)
【投 稿】漱石と世間(新矢昌昭)
【マンガ】「世間ぐるぐる」(海山かのん)

Amazonで購入>>世間の学 2016 VOL.4
(非会員の方は、上記リンク↑ Amazonよりご購入ください。)

◆会員の方は割引が適用されますので、事務局までメールにて直接お申し込みください。振込用紙を同封して発送いたしますので、到着後お振込願います。(会員価格800円・税/送料/振込手数料込)