会員から : 佐藤直樹『加害者家族バッシング-世間学から考える-』(現代書館)が刊行されました。
投稿者 : 佐藤直樹 投稿日時: 2020-04-20 14:19:09 (221 ヒット)

 2020年4月20日、現代書館から佐藤直樹『加害者家族バッシング-世間学から考える-』が刊行されました。

 最近、新型コロナの感染者(家族)への差別・偏見・排除が頻発していますが、その根底にあるのは、「世間のルール」としての、病や犯罪をケガレとみな
す「呪術性」だと思います。

 その意味で、加害者(家族)へのバッシングも感染者(家族)へのバッシングも、同根の構造があると思います。

 書店が軒並み休業というイヤな時代ですが、お近くの書店になければ、以下でお買い求めください。

 https://www.amazon.co.jp/%E5%8A%A0%E5%AE%B3%E8%80%85%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0-%E4%B8%96%E9%96%93%E5%AD%A6%E3%81%8B%E3%82%89%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-%E4%BD%90%E8%97%A4%E7%9B%B4%E6%A8%B9/dp/4768458750