世間の学 2022 VOL.6



世間の学


・Kindle版 定価550円(税込) Kindle Unlimited 対象(発行日:2022年3月11日)
・ペーパーバック版 定価1100円(税込)(発行日:2022年3月12日)


[内容]
絆モデルと城壁モデル(小倉泰憲)
満州引揚者へ向けられた世間のまなざしから満州開拓移民を考える(齋藤宏子)
覚書 世間として読み解く政府の新型コロナ感染症対応(安藤 潔)
「自分を出さない」日本人—中世の「惣村」共同体が生んだ「世間」(石田豊美)
幕末京都の天誅と民衆、「世間」(「空気」)(新矢昌昭)
世間体・空気と近現代国民国家とナショナリズム―世界史的(時間・空間)な場・地平から捕捉する一つの試み(尾崎芳彦)
社会受容性における世間の関わり― 風力発電の社会受容性を視野にした一考察 ―(佐藤建吉)
SNSフィルターバブル現象と世間~ナッジと世間の良い面を活かしたSNS誹謗中傷対策の提言(藤岡福資郎)
マンガ「世間ぐるぐる」(海山かのん)
表紙装画 古森秀夫「ドローイング 遠景」


Amazonでの限定販売となります。
・Kindle版(電子書籍)はこちらから
・ペーパーバック版(オンデマンド)はこちらから